多くの恩恵をもたらす薬|お手軽服用でラクラク治療

Housing

不安感を和らげる

抗うつ剤とはどのような薬か

憂うつな気持ちになって何もしたい気持ちが起きないという場合にはまず原因を探ります。原因となるものがなくなれば、普通憂うつという気持ちは収まるものです。しかし、原因がなくても強い憂うつを感じてそれが長く続く場合は、うつ病の診断をさることがあります。 その時に処方される薬が、抗うつ剤といわれるものです。セルシン、デパス、バキシルという薬があげられます。 それぞれの抗うつ剤には、不安な気持ちから気分をリラックスさせたり、和らげたりととう効果が得られます。 即効性のある睡眠導入剤としての効果があるものもあります。 これらの抗うつ剤には、副作用と離脱症状というものがあり、服用した人たちは薬を服用したことによりますます不安な気持ちが強くなる人もいるのです。

服用する時の注意点について

抗うつ剤には、副作用と離脱症状があります。副作用とは薬を飲んだことで起こるものであり、離脱作用はその薬をやめたことでおこる作用のことです。 主な離脱症状は、イライラや不眠、興奮などがあります。 うつ病の人にとっては、抗うつ剤の効果で安心したり気分がリラックスしたりできますが薬に常習性が出てしまうのです。やめようにもやめられなくなります。さらに、やめた時に起こる離脱作用で自分がどうなるかわからないという不安に付きまとわれてしまうのです。 これは、薬のことがよく分からないという不安から起こるものでもあります。 薬をやめる場合には徐々に減らしていくということを理解していればそんな不安も小さくなるのです。 医師の指示に従って、抗うつ剤を服用していくことが大事なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

© 2015 • 多くの恩恵をもたらす薬|お手軽服用でラクラク治療 and TemplateMonster.com