多くの恩恵をもたらす薬|お手軽服用でラクラク治療

Housing

妊娠のリスクを避ける

これまでの避妊薬の考え方

家族計画も概ね計画とおりに進み、我が家は二人の子宝に恵まれた。夫婦で話し合った結果、我が家では避妊具は専らコンドームを使用していたが、数年前から妻が痛みを訴えるようになり、薬による避妊も病院で相談していた。今では保険も適用され、産婦人科で相談すれば比較的安易に処方してもらえるが、毎日飲み続けなければいけないストレスとその副作用も気になって、なかなか妻も服用するには至らなかった。私としては妻の考えを尊重することにし、あまり口出しすることは控えていた。しかし、痛みに耐える性行為はお互いに心地よいものではなく、一度真剣に話し合う機会が必要と感じていた。そんなある日、妻からアイピルという避妊薬の存在を聞かされた。

アイピルの今後の展望

アイピルという言葉はなじみがなく、名前だけ聞くとあまりピンと来なかったが、今話題の避妊薬だそうで、注目が高まっているらしい。今までの避妊薬は飲み続けないといけないというデメリットがあったが、アイピルは必要な時にのみ飲むタイプらしく、性行為後に飲むことにより効果が発揮されるとのこと。なるほど、これなら今までの避妊薬とは違い、服用し続けるストレスからは解放されそうである。だが、気になるのは副作用や値段である。アイピルがいくら有用な薬といっても副作用が重かったり、値段が高いと使用にはためらわれる。少し調べてみたが、副作用については皆無とは言えないまでも決して重いわけではなく、今までの避妊薬に比してもそれほど大差ないとのこと。また、値段も一錠千円程度と高額とは言えず、使用頻度を考えても月に数千円といったところだろうか。アイピルの認知度はまだまだ高いとは言えないが、これからは需要が高まりそうな気がする。

このエントリーをはてなブックマークに追加

© 2015 • 多くの恩恵をもたらす薬|お手軽服用でラクラク治療 and TemplateMonster.com